子供と安心して暮らせる家は吉源工務店にお任せあれ

積木の家

自然と利便性に富んだ街

一軒家

環境の良さが魅力

川西市は、市の多くを丘陵地が占め、生活の利便性が高いながら山々の豊かな自然が楽しめる住環境の良さが魅力です。中でも能勢電鉄沿線に開発された北部ニュータウン地域は、整った街並みと緑豊かで静かな住宅地が広がりファミリー世代から高い人気です。北部ニュータウンは比較的敷地面積が広い住宅が多く、200平方メートルを超えるの敷地面積の新築一戸建てが多数販売されています。ゆったりとした住まいを求める人から注目度の高い地域です。市内中心部の川西能勢口駅・川西池田駅周辺は、商業施設が充実し交通の便が特に高いことから、生活の利便性を求める人から人気の高い地域です。この地域で販売されている新築一戸建ては、敷地面積が100〜120平方メートルのものが多くなっています。南部は、市内でも貴重な平坦な土地が広がる地域として知られています。以前は工場や田畑が多い地域として知られていましたが、近年は工場の移転等でその跡地に中小規模の住宅地が開発され、新築一戸建ても増えてきました。ちなみに川西市の新築一戸建ての相場は、北部ニュータウンでは敷地面積200平方メートルで2000〜3000万円台、中央部は敷地面積100平方メートル程で3000万円前半、南部は敷地面積100平方メートル程で2000万円台からが多いとされています。これらの物件を取り扱っている不動産会社によっては分譲住宅に特化したハウスメーカーもありますし、注文住宅を取り扱っているハウスメーカーもあります。なので、どちらを購入するかを最初に検討しておきましょう。